楽天ハンド(RakutenHand)実機レビュー コンパクトスマホ欲しい人なら全然アリ!

  1. HOME >
  2. スマホ >

楽天ハンド(RakutenHand)実機レビュー コンパクトスマホ欲しい人なら全然アリ!

スポンサーリンク

楽天ハンド レビュー

楽天ハンドの実機が届いた!

先に結論を言うと
一通り使ってみた筆者の個人的な感想は「普通に使える」という感じ。

ハイエンドスマホとかに比べるとヌルヌル感とかはそりゃ無いけど
日常的に使うアプリ(LINEやYoutube等)は全くストレス無く動作してくれる

価格(20,000円)を考えればコスパ良し。
更にキャンペーンを使えれば実質タダなのでほぼノーコストで買える。すごすぎる。

と、良いことばっかり言うのもあれだけど
ちょっとアレ?って部分もあるにはある。

各部、写真と共に紹介していこう。

スペック

基本的なスペックなどは下記の記事にて解説。

こちらもCHECK

【楽天モバイル】Rakuten Hand 調べてみた!あれ?マジでお得じゃね?

続きを見る

 

開封

楽天ハンド 開封

楽天ハンドの箱を開けると、本体・充電ケーブル・ACアダプターが入っている。
本体の裏には簡易的な説明書・名称確認書などのマニュアル類が入っていた。

必要最低限のものだけっていう印象だけど、まあ特に不満はない構成。
ちなみに最初はちゃんと本体にフィルムが巻いてあるよ。写真撮る前に捨てちゃった。

楽天ハンド 本体

まずは本体の状況から。

前面

楽天ハンド ディスプレイ

初見は非常にコンパクトでスッキリとした印象
これは良い、ぱっと見ただけで「あ、片手操作が楽そう」って思えちゃう。

ディスプレイは有機ELの5.1インチとなっている。
この価格帯(20,000円)で有機EL搭載は「お、ちょっと頑張ってるなぁ」と感じるところ。

個人的には
普段ベゼルレスのスマホを使って慣れているせいかベゼル(黒部分)が太いのがちょっと気になる
けど逆に言うと指が届く範囲までしか画面が無いので操作性は向上してるのかも。
エッジに手のひらが触れて誤作動ってのもある程度は軽減される

指紋認証・顔認証にも対応してて、両方試してみたところ
精度も悪く無く、反応速度も全く気にならないレベルだった。
普通に常用できるレベル。
ちなみに指紋認証は画面内の下側にセンサーがあって画面内認証となっている。

全体的には綺麗にまとまっているのでベゼルも慣れれば全く気にならなくなりそう。

背面

楽天ハンド背面

今回はホワイトカラーのモデルを注文した。素材はプラスチック系。
思ったほど安っぽさはないが、同じく高級感もそれほど無い。価格相応なクオリティ
触り心地はそんなに悪く無く気にする所は無いと感じた。

ホワイトカラーのおかげか指紋は付きやすいけど目立たない。白がオススメ。

中央部には楽天のRマークが印刷されている。
そしてRマークの下におサイフケータイ(Felica)のマークがあり、しっかり対応していることがわかる。

おサイフケータイ(非接触決済)のヘビーユーザーはサブスマホとしても候補に入るんじゃないかな。

側面

次に側面を見ていく。ちなみに材質はポリカーボネート系樹脂にメッキ加工した物

右側

楽天ハンド ボタン

上から 音量調整ボタン 電源ボタン となっている。
非常にシンプルでスタンダードな配置。
各ボタンの押し心地はしっかり押した感覚があるので個人的には良いと思う。

そして側面から背面にかけても曲面加工されている。
持ちやすい様に配慮されてるのがちょっとうれしいところ。

左側

楽天ハンド 側面

ボタンもSIMスロットも何もなくスッキリとしている。(楽天ハンドはeSIM専用機
ただSIMスロットが無いということはMicroSDも対応してないということ
ここは本体容量(64GB)が少ないので対応して欲しかったところだね。

こちらも右側側面同様に側面から背面にかけて曲面加工。

上部

楽天ハンド イヤホンジャック

3.5mmイヤホンジャックが搭載されている。
近年のスマホはイヤホンジャック廃止の流れになってきているので、嬉しい人は嬉しいところ。
頑なにワイヤレスにしない人って一定数居るよね。気持ちはわかる。

下部

楽天ハンド USB

充電差込口両端にスピーカーが搭載されている。
スピーカーはここだけなのでモノラルスピーカー仕様

充電端子の規格はUSB Type-Cとなっている。
ケーブルを刺す向きを確認しなくていいって結構重要だよね。無駄にストレス溜めなくていい。

楽天ハンド 持ちやすさ

楽天ハンド サイズ

筆者の奥さんに試しに触ってもらった。ちなみに女性の中でも手が小さい方だと本人は言っている。
それでも片手で十分に操作範囲が確保できているので、ホントに扱いやすいスマホとのこと。

更に端末重量が129gと超軽い部類のスマホなので疲れにくい。
寝ながらスマホ操作してると手首とか指が疲れて「あー、指つりそう」ってのもなりにくい。はず。





性能

では次に性能面を確認していこうと思う。

ベンチマーク

とりあえずAntutuベンチマークでスコアを確認してみる。

ほぼ前評判通りのスコアを叩き出してきた。
実機でこれだけのスコアが出れば、一般的な使い方だと快適に動作する
そして1回のみのテストだと、温度の上昇もほぼ見受けられないレベル
コンパクトで更に性能もそれなりに使えるレベルなのがわかった。すごい。

Youtube

楽天ハンド Youtube

Youtube画面を全画面にして更にズームして画角すべて表示されるようにした。
そもそもが5.1インチと小型なので「映像が荒い」と感じることは無かったし
ディスプレイは有機ELなので鮮やかな映像表現となっている。全然普通に見れちゃう。

Youtubeアプリの操作性もカクついたりすること無く、快適に操作でき

 

NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)

最近配信されたスマホゲームのNieR Re[in]carnationを楽天ハンドにインストールして動作確認してみる。
楽天ハンド NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)

楽天ハンドだと、最初の画質設定ではデフォルトのオススメとして「」設定が選択されている。
中だと割とサクサク動作してくれて、特にストレス無く遊べることができる。

ちょっと進めたところで、画質を「最高設定」に変えてみる。
楽天ハンド NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)

 NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)

あれ?意外と普通に遊べるぞ。
最高設定でも思ったより動作は快適。
それでもやっぱり時々カクつくことはあるけど我慢できない程ではない。
FPS系のゲームでは無いので気にする人は殆どいないんじゃないかな。

いけるいける。

原神(げんしん)

次に割と人気らしいゲームアプリの原神(げんしん)を楽天ハンドにインストールして遊んでみる。
ちなみにこのゲームはそもそもの要求スペックが高いらしい。

楽天ハンド 原神

ゲーム起動後のデフォルトでの設定は「」となっていた。
この状態でも画面がたびたびカクついてしまう。結構気になるレベルで。

なので画質設定を「最低」にしてみる。
楽天ハンド 原神

うーん。
これでもまだカクついてしまう。
さすがにこのスペックの楽天ハンドではしんどいものがある。

その後、ついでだから画質を「最高設定」にしてみた結果が下。

楽天ハンド 原神

こんなスクショが撮れちゃうくらい不安定になる。
遊べるもんじゃなくなっちゃった。

結果は楽天ハンドで「原神」は正直遊びにくい。
ということがわかった。

バッテリー

楽天ハンドのバッテリー容量は2750mAhとなっている。
端末自体がコンパクトな為、バッテリーもコンパクトになってしまう。

試しに一日メインスマホの代わりに使用してみたけど
一日程度であれば、まあ持つかなーという程度。

「頻繁にスマホを使って調べものもゲームもします」っていう人には足りない可能性があるが
ライトユーザーであれば十分事足りるはず。

カメラ

楽天ハンド カメラ

楽天ハンドのメインカメラは4800万画素、もうひとつが200万画素の深度測位カメラが搭載されている
ということで、実質的にはシングルカメラのスマホと考えた方がいいと思う

実際に撮影してみた写真が下記の通り。

錦帯橋錦帯橋

全て無調整・無修正でオートでの撮影写真
素人撮影なので突っ込みどころはあるかもしれないけど
個人的には全然問題無いなーっていう感想。

カメラ性能に拘る人は不満かもしれないけど
筆者みたいな「そこそこのクオリティで撮れればOK」って人は不満無いと思う。

楽天ハンド まとめ

一通り触ってみると、やっぱり普通に使えるスマホというのが分かった。

ポイント

  • スマートな筐体からの持ちやすさ。
  • ディスプレイも小さいながら有機EL搭載となっており非常に綺麗。
  • 性能に問題は無し。
  • カメラも必要十分。
  • 更におサイフケータイ対応。

日本のライトユーザーであれば十分に普段使用できる端末ではないかなと思う。
メイン機種で無くても、サブ用途として活躍できるはず。

こんな端末が20,000円で買えると言うのはコスパ良すぎ。
キャンペーン適用で実質0円はお得過ぎる。ホントに。

ちょっと迷ってるけど、どうしよっかな~」なんて考えてる人は
とりあえず買ってみて欲しいと思う。
恐らく「なんだこれ、ゴミじゃん」となることは無いはず。
それくらい筆者の期待値を超えてくれた機種だった。


 

 


 

スポンサーリンク

-スマホ, 実機レビュー